親子二代、伝統を継承、革新を試みる窯元
萩市、世界遺産 堀内地区に位置する「波多野指月窯」
波多野善蔵と英生の親子二代が萩焼作家として活躍する窯元です。
喧噪の町とは引き戸一枚を隔てただけで、まるで別世界。
店内には、ほのかにお香の香りが漂い、静寂の時間を満喫することができます。
華美に飾らない店内には父、波多野 善蔵と息子、波多野 英生の作品を、
さながら小さな美術館のように展示いたしております。
萩焼ならではの素朴さと、飾らない佇まいは、作り手の人柄をよく表していると思います。
萩へお越しのおりには、ふらりと立寄り、
萩焼の奥深さ、優しい風合いを見つけるために、作品を手にとってみてください。
店内には、両名の作品はもちろん、指月窯工房の作品など、手軽にお買い求め頂ける作品も多数あります。
指月窯は静かな萩の風景にとけ込んだ、素朴で肩をはらない気軽なお店です。
ご来店を心よりお待ちいたしております。

登り窯の見学も事前に連絡を頂きましたら可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
(※都合により、ご要望にお答えできない場合もございます。ご了承ください。)